忍者ブログ
ごくたまに書く、「蒼空之館」向けのブログ。 コンサネタもあり。
[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

NHKで有明オープン見てました。

クルム伊達強い! あり得ない! 38歳? 確か僕より10歳くらい年上なんですよね。
10年後、今の自分と同じくらいのパフォーマンスを維持できるかといったら……、いやぁ無理だろうなぁ。僕の全盛期は18歳の頃でしたから(爆)。
水泳に関してはその頃のスピードを何とか維持している感じ。マラソンはケガ(シンスプリント)をやって以来無理ができなくなって、タイム的には1キロあたり1分ほど落ちている感じです。
でも、何ていうか、すがすがしさを感じるというか、勇気をもらえますね。
僕もまだまだがんばらなきゃなぁ、と、

まずは、再来週24日に通っているジムの関東圏の店舗が集まって行われる「オアシススイムフェスタ」に参戦! 100m個人メドレーと50m自由形。100m個人メドレーは1分20秒切りを、50m自由形は30秒切りを目指します。
その次は、一応、2月1日の守谷ハーフマラソンを狙ってるんですが、エントリーはまだ。こいつで1時間50分を切れば、来年の北海道マラソンにも出られたりするんですが、初マラソンが道マラはきついかなぁ。

しかし、クルム伊達には本当に感動した。
いや、「感動」っていうとちょっと違うのかなぁ。それだと、
「加齢に耐えてよくがんばった! 感動した!」
と某国元首相みたいなセリフになっちゃいますが……、うーんと、こんなことを書くとクルム伊達ファンとかからお叱りを受けそうな気もするし、いわゆる「アラフォー」の方にこういう言葉を使うのが適切かどうかもわからないのですが、今の僕の気持ちを一番的確に表現できるのが、

クルム伊達萌え~

なんですよね。
うーん、やっぱり僕ってヲタなんだな……(汗)。
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
忍者アド

マトリョーシカ・ロシア雑貨ならエルミタージュ

ブログのアクセス数が増える!








最新コメント
[05/17 Backlinks]
[09/11 元多摩]
[09/10 ゆう]
[09/10 元多摩]
[09/10 元多摩]
プロフィール
HN:
大澤唱二/元多摩
年齢:
37
HP:
性別:
男性
誕生日:
1980/06/25
職業:
NEET
自己紹介:

創作歴
・中学生の頃、国語の先生に書いた小説をほめられて気を良くし、執筆を始める。
・高校では図書館に入り浸り、多くの仲間と出会う。
・ひとつ上の代の防人因果氏に続き、書いた小説を小冊子にまとめて図書館に置くという活動を行う。
・ものの弾みで「全国高校生創作コンクール」優秀賞を受賞してしまう。
・大学でもちょろちょろ書くが鳴かず飛ばず。
・2008年になって創作を再開、日本文学館の小さな賞の月間優秀賞をもらうがその後は連絡が来ず。まあ来なくていいけど。自費出版するお金なんてないから。
・群像新人文学賞に応募中。発表は2009年5月。

赤黒歴
・2001年の最終戦、セレッソ大阪戦@札幌ドームが初観戦。
・その後年々観戦回数が増え、2006年に最大に。アウェイも結構出没する。
・2007年は東京に移住したため若干減少。2008年はチームの成績が振るわなかったためさらに減少。
・OSC「蹴遊旅人」に所属しています。

ドールズ歴
・コンサドールズとは、コンサドーレ札幌専属のダンスドリルチームである。札幌のホームゲームで登場して華麗なダンスを披露。観客を魅了し、試合開始50分前のダンスでは、「アウェイドールズ」と呼ばれる、コンサドールズと一緒に踊る一団がアウェイ側B自由席(一番安い席)に登場、札幌ホームゲームの名物となっている。
・コンサドーレがJ2最下位に低迷した2004年、アウェイドールズの存在に気がつき、一度参加してみたのが運の尽き。
・その後はホームゲームごとにアウェイドールズに参加。そのうちに、ホームゲームに通う主な目的はドールズになったとかならなかったとか。
・札幌を離れてここ2年はすっかり寂しくなりました……。
・それでも札幌でホームゲームを観戦する時は必ずアウェイドールズに参加しています!それが札幌に行く目的ですから!
バーコード
ブログ内検索
忍者ポイント広告
カウンター