忍者ブログ
ごくたまに書く、「蒼空之館」向けのブログ。 コンサネタもあり。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何か今の職場で、年齢で驚かれるんですよね。しかも、35くらいに見えるって言うんですよ。

今日なんかも付いてくれてたリーダーさんが、
「元多摩さんっていくつなの?」
って聞くから、29って答えたら、リーダーさんフリーズ。目をパチパチ。
「えーーー!見えない!!35くらいに見える!私より年上だと思ってた!!」
と絶叫。
しかもその後、僕たちのブース近くを通り掛かった他のリーダーさんたちに、
「元多摩さんって何歳だと思います?」
と触れ回ってました……(^_^;)。

別のリーダーさんにも言われたんですよね。35くらいかと思った、って(汗)。その方からは、
「年下ってわかってから急に態度が横柄になったから(笑)」
と言われました。いや、もちろん冗談でおっしゃってるだけで、実際は全然変わってないんですけどね。

いやー、若白髪があるのはわかってますけど、そこまで老けて見えるかなぁ。
しまいには、最初に書いたリーダーさんに、
「いやー、久々に驚いたわ。普段そんなに驚かないんだけど」
とまで(爆)。
いやいや、そこまで驚かんでも。

まあでも、「落ち着きがあるから」とか、「悟りの境地にいるみたいな」とか言われたら悪い気はしませんけどね。

そんな感じで、新しい職場でもいじられキャラですが、楽しくやっております。
PR
休み明けって、仕事の感覚が鈍っててなかなか思い通りに対応できません。

まだ実際のお客様対応を始めたばかりで、覚えないといけないことはたくさんあるのに、ひとつ覚えるとひとつ忘れます……。老化現象かなぁ。
さらに先週~今週は、土日が休みで、月火と仕事、水曜が休み、木金と仕事。
休み休みできるのは、ニートからのリハビリみたいでいいんですけれど、休みを挟むとせっかく覚えたことをまた忘れる(爆)。
やー、困ったもんだ(汗)。

とりあえず、明日一日を過ごせば休みだ! って言っても休みは信州まで飛んで行かないといけないのだけれども(祖父の1周忌)。
んー、まあ、がんばろう……。
スパイの通信手段は報告をすることだけではない。
定時報告をすることで、万が一の際には「定時報告が途絶える」という通信ができるわけです。
定時報告がなければ、つまりは「何か」が起こったということ。

こういう観点に立てば、僕はもう酷いもんですわ。
半月以上ブログの更新がなくて、「こいつ死んだんじゃないか?」と思わせるには十分。
まあ単に仕事が心身に堪えてなかなか更新できなかったってだけなんですけど、その間も毎日のように訪問して下さった方、ありがとうございました。

今日も、
今年4月以来、久しぶりに来て下さったplalaの方、
元多摩日記から移設以来多数アクセス下さっているdionの方、
多分ご自身のブログのリンクからいつも来て下さっている○Zさん、
などなど、たくさんの方にアクセスしていただきました。
ありがとうございました。

おかげさまでなんとか生きています。

今日は、朝起きられずドールズのステージには行けませんでした……。
が、CVS仲間のお子さんがドールズジュニアで出るというので、そのご一家と一緒にSBで試合を見ていました。
いろいろお話しできて楽しかったです~。
今日はすごく久しぶりのコンサの試合だったので、試合は(中略)でしたが、とても楽しかったです。
最後の挨拶の時に、ドールズともばっちり目が合いました!
今月は、函館以外は試合に行けそうなので、嬉しいです!

以上、生存のご報告でした!
「泣けた! 泣いてる!」だけじゃさすがにドラマの感想としてどうかと思いますし、なんで泣いてるのか説明しなくちゃ心配されてしまいますから、まとめ的なものを。

まず、『ツレがうつになりまして。』は全3回。先日の放送で最終回でした。
ネタバレありなので、これから見る! 先を知りたくない! って方はこのままお戻り下さいませ。
『ツレがうつになりまして』第3話、先ほどNHKオンデマンドで見ました。

なんも言えねぇ。
40分泣きっぱなしでした。

夕飯食べながら見ようと思ったら、ずーっと泣けてしまって、ご飯食べるどころじゃなかった。

こんなに泣いたの、子どもの頃以来だと思う。
しかもあの頃は母親がブチ切れて泣かされてたから、こんな気持ちいい泣き方は生まれて初めて。

実は今も泣きながら書いてます。
もうこれ以上何も言うことないです。
泣けました。泣いてます。以上です!
便利な世の中になったもので、VHSがぶっ壊れていても、インターネットで見逃したドラマを見られるってんだから驚きですね。

ってわけで、今日も今日とてNHKオンデマンド。21時までバイトの研修なので時間的に無理なんですよ! 今日の「ツレうつ」も明日以降NHKオンデマンドで見ることになると思います。

で、ゴーストフレンズ。
……んー。どうなんだ?

正直、今までの流れからするとちょっと違和感がありました。
なんて言うのかなぁ、最後の最後で時間が足りなくなって駆け足になっちゃいました、って感じ。
いろんなことが詰め込まれすぎていて、頭が追いつかない感じです。制作者が時間の制約に追われてかなり無茶をしました、っていうのがひしひしと伝わってきました。

今までは、大体1人(と数えていいのか?)のゴーストについて1話のペースだったわけじゃないですか。それが、最後の1話でカイト、美空、ミク、ユイの4人のゴーストがいっぺんに成仏した上に、明日香がゴーストが見えなくなるって、話の展開が急すぎない!?

カイトと美空の間のわだかまりを解くこと。明日香が小さい頃のおばあちゃんとの話。ミク&ユイのこと。終盤にあれだけ活躍した漫才師ゴースト2人とマジシャンゴーストのその後。刑事2人(うち1人がゴースト)は追っていた犯人を捕まえられたのか? 明日香が画家として成功するまでの道のりは? ゴーストが見えなくなるってどういうこと? お母さんのゴーストはちゃんと成仏したの?
時間さえ許せば、その辺りをもっと丁寧に作って、仕上げることができたんじゃないかと思うんです。
あと、最終話だけ、やたらアクションシーンが多かったのも気になりましたかね。

カイトと美空のことについて、もっと丁寧にストーリーを作ってほしかったのはもちろんですが、おばあちゃんとの話についても同じに思います。
というのも、この時のおばあちゃんとの会話が「ゴーストフレンズ」ってタイトルにつながってると思うんです。

明日香「何が見えるの? お化け?」
祖母「おともだち」

って会話ですね。
言いたいことは十二分にわかるんですが、これだけでタイトルにつなげるのはさすがにちょっと厳しくないか?と思ったんですよね。

というわけで、最後の最後がちょっと残念だった、というのが率直な感想です。
放映回数が限られた枠でしか与えられていないのでしかたない部分もあるとはいえ、幽霊の話と人の成長の話、恋愛の話と、いろいろなことを上手に織り交ぜた面白い設定だっただけに、終わらせ方がもったいなかったな~、と思いました。

なお、これはあくまで僕の感想です。
「えー、なんでー。すごく面白かったのに!」
と思われる方がいらしても、全然問題ありません。それを否定するものではないことを付け加えておきます。
他の方がどう思われたか、世間での評判はどうか、もうネタバレとか気にすることもないので、いろいろググってみようと思います。
こちらの記事でまず驚いたのが、「KOプラザホテル」。
ええ~っ、まさか新宿のKOプラザホテルでやったの!? なんて意地悪なことを思うはずはありません。もちろんKOプラザホテル札幌だろうということはわかりましたよ。
一応書いておきますと、全国的には単に「KOプラザホテル」と言った場合、新宿にある「KOプラザホテル(東京)」を指します。他に、「KOプラザホテル札幌」「KOプラザホテル八王子」「KOプラザホテル多摩」があります。新宿以外は地域名が付きます。
八王子で散々お世話になったKOグループ様なので、ちょっと細かい豆知識を書いてみました! うるさいこと言ってごめんなさい(汗)>菜摘さん。

でだ。話を元に戻して。
実は先日、KOプラザホテル札幌様のバイトの面接を受け、採用通知を受けていたんですよ! ほんの数時間の差で、もうひとつの先に採用通知を受けたところに決めてしまい、勤務はできなかったのですが……、いやぁ、もしかしてドールズとばったり! なんてことがあったかもしれないと思うと激しく後悔してます……(笑)。

菜摘さん、初のMCお疲れさまでした!
人前で話すのって大変ですよね。僕は何度やっても冷や汗かいてて(汗)。教員に向いてないのかもしれませんw。
噛むのは基本です! たくさん噛んでしゃべれるようになるんです! スキーと同じですよ。転んで覚える!
菜摘さんのMCを聞けるのを楽しみにしています!

最後に。
日曜日なんですが、すみません、行けません……。
バイトの研修があって……。
次にホームゲーム行けるのいつだろうなぁ。
またDancing Queen踊りたいです。
北島康介じゃないですが、「何も書けねぇ」って感じです。
今の会社、ものすごく情報管理にうるさい会社なんです。それだけ重要な個人情報を扱っているからなので、特に異存はないのですが、何しろブログを書く時のネタに困る。
何を書こうにも、常に「守秘義務違反」「社外秘」といった言葉が思い浮かんで何も書けません。
「今日はピーがピーしてピーでした」くらいしか。

なもんで、時勢に乗って日経平均株価の予想でも。
おそらく12日には終値で1万円の大台を回復するのではないかと。
ただし、ここのところ期待先行で過熱気味なので、週明けには一度割るんじゃないかな。
その後、来週1万円を再び回復できるか、また、維持できるかが焦点かな。
金融不安から景気後退が始まったので、金融から景気が回復することがあってもいいと思うのです。

コンサドーレ札幌応援ファンドも続いてます。コンサへの寄付のためにも、景気と株価の回復を祈っています。

【元多摩版コンサドーレ札幌応援ファンド 愛称:勝利の女神】
拠出金額・・・165,000円
寄付・支援実績・・・1,551円
ファンド時価・・・91,517円
支援算定基準額・・・73,218円
NHKオンデマンドの定額会員になるから、受信料割り引いてくんないかなぁ……。

まあんなことはいいや、タイトルの『ツレがうつになりまして』。
メンヘラの間では知らない人はいないというくらい有名な同マンガがついにドラマ化! って、もう第2回だったのね。第1回見逃した……。

で、その第2回をNHKオンデマンドで見ていたんですけど、自分の辛い時期を思い出して泣きました。うつの人の気持ち、行動、そういうのをリアルに再現しています。これは秀作。
布団かぶって泣いたり、叫んでもの投げたりもしたっけな。なんでこんな病気にってのも思った。首吊ろうとしたこともあったし、飛び降り自殺も考えたし、電車飛び込みも考えたし。練炭は車がないから厳しいな、とか、硫化水素メガンテはさすがにまずいだろ、とも思いましたが。まあ硫化水素が流行り始めたのは僕の病気がだいぶ良くなってからでしたけどね。
ほんと、昔の自分を見ているみたいで、よくできてるなぁと感心しました。

うつのことを正確に理解していない人(「うつは心が弱い人がなる病気」「ただの怠け病」などなど)は大勢いると思うんですけど、このドラマで少しでもうつに対する理解が広まったら、と思います。

逆に、僕は「健常者」の気持ちがわからないんですよねぇ。
「今まで1回もうつで苦しんだことがない」
「人生で一度も自殺を考えたことがない」
っていう人。
なぜ? どうしたらそう思えるの?
大学の保健の授業でうつ病について学んだ時、すぐに、ああ僕はうつ病かと。ついでに、中学生のころからうつ病だったんだなぁ、と思いました。
正直今でも時々どうしようもない不安に襲われることがあるんですよ。この先どうなる? このまま生きていけるのか? ってか、ずっとこんな苦しい思いをして生きていかないといけないわけ? だったら早めに自分の手で終わらせた方が良くない? と。自分の幸せな未来が思い描けないっていいますかね。
「うつの人の気持ちがわからない」って人の気持ちがわからない。
自分の将来はバラ色だと100%信じているんでしょうか?
それとも将来のことは考えず、目の前のことだけに全力で取り組む、という姿勢なんでしょうか? とはいえ時に先の方まで見通すことも必要でしょうし、そういう時に不安にならないのかなぁ。
不思議でならないんですよね。

詰まるところ、自己肯定感の問題なのかなぁ。自分を自分でほめてあげられるかどうか。
その差がどこで生まれるのか、持って生まれた性格なのか、育てられ方の問題なのかはわかりませんが……。

最後にもうひとつだけ。
無知というのは、時に恐ろしく残酷ですね。
外国人の上役はじめツレさんの会社の社員や、スーパーのおばちゃんとか、「死ね! 氏ねじゃなく死ね!」と思いました。
彼らの無知もツレさんを追い詰めました。
加えて、もちろん視聴者に悪い印象を与えるように演技しているのはあるにせよ、僕自身もこんなふうに考えてしまったのは、やはり僕が健常者の気持ち、うつのことを知らない人の気持ちを知らないから。
やっぱり無知とは残酷なものです。【一部編集済】
いやぁ、すんごく今さらなんですけど……、

みっくみくにされてます。



偶然知り合いの日記(mixi)で見て、おお、これが噂の……、と。
初音ミクが初めてなわけじゃなくて、こちらとかで聞いてはいたんです。
が、初音ミクを日本のスター(?)にしたこの曲を聴くのは初めてで。
科学の発展した未来を感じさせる和音にノリのいいリズムで……、って講釈はどうでもいいか。

聞いていて楽しいです! マイアイドルに追加~!
あ、もちろん、ドールズにはかないませんけどね!

みっくみくにし~てやんよ~♪

……って、みっくみくにされている間に、コンサは試合をやっていたのね(汗)。
見ていないので何ともですが、とにもかくにも勝てて良かった!
と、取って付けたようにコンサにも触れてみるw。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
忍者アド

マトリョーシカ・ロシア雑貨ならエルミタージュ

ブログのアクセス数が増える!








最新コメント
[05/17 Backlinks]
[09/11 元多摩]
[09/10 ゆう]
[09/10 元多摩]
[09/10 元多摩]
プロフィール
HN:
大澤唱二/元多摩
年齢:
37
HP:
性別:
男性
誕生日:
1980/06/25
職業:
NEET
自己紹介:

創作歴
・中学生の頃、国語の先生に書いた小説をほめられて気を良くし、執筆を始める。
・高校では図書館に入り浸り、多くの仲間と出会う。
・ひとつ上の代の防人因果氏に続き、書いた小説を小冊子にまとめて図書館に置くという活動を行う。
・ものの弾みで「全国高校生創作コンクール」優秀賞を受賞してしまう。
・大学でもちょろちょろ書くが鳴かず飛ばず。
・2008年になって創作を再開、日本文学館の小さな賞の月間優秀賞をもらうがその後は連絡が来ず。まあ来なくていいけど。自費出版するお金なんてないから。
・群像新人文学賞に応募中。発表は2009年5月。

赤黒歴
・2001年の最終戦、セレッソ大阪戦@札幌ドームが初観戦。
・その後年々観戦回数が増え、2006年に最大に。アウェイも結構出没する。
・2007年は東京に移住したため若干減少。2008年はチームの成績が振るわなかったためさらに減少。
・OSC「蹴遊旅人」に所属しています。

ドールズ歴
・コンサドールズとは、コンサドーレ札幌専属のダンスドリルチームである。札幌のホームゲームで登場して華麗なダンスを披露。観客を魅了し、試合開始50分前のダンスでは、「アウェイドールズ」と呼ばれる、コンサドールズと一緒に踊る一団がアウェイ側B自由席(一番安い席)に登場、札幌ホームゲームの名物となっている。
・コンサドーレがJ2最下位に低迷した2004年、アウェイドールズの存在に気がつき、一度参加してみたのが運の尽き。
・その後はホームゲームごとにアウェイドールズに参加。そのうちに、ホームゲームに通う主な目的はドールズになったとかならなかったとか。
・札幌を離れてここ2年はすっかり寂しくなりました……。
・それでも札幌でホームゲームを観戦する時は必ずアウェイドールズに参加しています!それが札幌に行く目的ですから!
バーコード
ブログ内検索
忍者ポイント広告
カウンター